MENU

>>画期的!蓄電式太陽光発電システムはこちら
太陽光発電
原発事故などの影響で節電の取り組みが全国へ意識が高まっています。
それなら自作を!と考えたあなた、、、

自作といっても結局30万前後かかります。


それならばメリットの多いこちらの蓄電式太陽光発電を


おすすめします。


なぜおすすめかというと
  • 蓄電式のため、夜間でも利用出来る

    (※一般的な太陽光発電は、太陽が出ている時しか使えません。)


  • コンパクトでマンションのベランダに設置出来る

    (賃貸でも問題なし、工事不要)


  • 停電時の電源確保ができる(被災時の夜間、明かりを灯しながら

    TV・ラジオ・パソコン(インターネット)で情報入手が出来ます)


  • コンパクトでもパワーは本物!最大出力280W

  • しかも組み立て簡単約10分

ただ、ちょっと最初に費用がかかりますが最終的には得します!

 

用途に合わせて使い方いろいろ




 

実際の使用時間は




各種メディアに取り上げられています。

年間15万円貯まる自然エネルギー生活術としてテレビで紹介されました。


読売テレビ「情報ライブ ミヤネ屋」で紹介されました


光文社『女性自身』7/26号(7/12売)で紹介されました


7/14付読売新聞夕刊(全国版)にて紹介されました


小学館「DIME」に掲載されました


日本テレビ「ZIP!」で紹介されました


フジテレビ「めざましどようび」で紹介されました


>>蓄電式太陽光発電システム詳細はこちら
節電対策で結局得をする!取り付けなし!
自家発電機をやってみて

この自家発電機の最大の魅力は個人宅でできる手軽さにあると思います。
男って、なぜか自分で電気が作れて、いま使ってる電気がタダ!なんて考えるとすごく得した気分になって優越感にひたれます。
それが結構うれしかったりするんですよね、、、(^_^)
だから、手軽に電気を作れて毎日お得な気分になりたい!っておもったあなには、おすすめできますよ。

太陽光発電投資をした男性の体験談

ど〜も(^_^;)忙しい毎日を過ごしているサラリーマンです。
毎日、毎日、満員電車に揺られ、会社では上司に怒られて過ごしています。
もう、サービス残業ばかりだし、給料も上がらないので本当に疲れました(;´Д`)
家に帰っても、嫁さんには頭があがらないし、自分の存在意義があまり感じられないんですよね、、、
ていうか、このまま一生仕事づけの毎日なんてまっぴらごめんだ!って思ってます。

  • 「男だったらやるときゃやる!!」
  • 「自分もなにかビジネスを始めてここらで一発当ててやる!」

そんな野心を実はず〜っと持っています(`・ω・´)

でもいったいどんなビジネスを始めたらいいのか、、、?

実はいままで、そこで悩んでなかなか実行にできなかったんですよね。

でも、やっと「これだ!」って思えるのが太陽光発電投資だったんです。
  1. だって、単純に考えて資源は太陽なので無料ですよね!?
  2. ほぼ毎日、太陽は出ますよね!?(曇り、雨でも発電可能)
  3. 現在、原子力発電撤廃の意識が高まっているので、ニーズに合ってますよね!?

これらを考えたら「サルでも儲けられるのでは、、、」ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!
とショックを受けたのをいまでも、ハッキリと覚えています(笑)

そんなこんなですが、自分が始めた太陽光発電投資先は【ソーラーパーク】です。

【ソーラーパーク】は、太陽光発電関連の施工実績10000件の日本ライフサポートグループが展開する、投資型産業用太陽光発電普及プロジェクトなんですね。
まあ、言ってみれば、土地を持っていても、持っていなくても太陽光発電投資ができちゃいます。
また、土地がなくても、激安のどこかの土地を買収して、そこに太陽光発電を設置する方も増えているみたいなんですね。
もちろん、工事費や材料費は【ソーラーパーク】さんに収めないといけないですが、利回り10%になるなんて、数年後には必ず元がとれる計算です。

まあ、私もいろいろ借金をしてまで、この太陽光発電投資を始めました。
いつのひか、不労所得の日々が必ずくると信じて、いまは一生懸命仕事を頑張っています。
逆に借金があったほうが、メリハリがでてきていいかな〜
まあ、太陽光発電投資に興味があるかたは、【ソーラーパーク】の公式サイトでも見にいってみてください。


 

太陽光発電の口コミ3つ

これからの日本は太陽光発電
私は今年の春先にマイホームを建てました。

 

家を建てるときに私が重要に考えたのが、2年前にあった災害での原発事故の現状です。
今でもまだ復興に時間がかかっている状態で、同じ日本人として毎日心苦しいです。

 

それで私は出来るだけ環境にやさしくて、エコな家を建てることにしました。
私の周りでも災害があってからは、エネルギーに対する考え方が変わり、未来に向けてのエネルギーに凄く関心も持ちました。

 

その初めの一歩が太陽光発電です。災害以来、太陽光発電は物凄く注目が集まっていて、その理由としては太陽光発電で作られた電気は、自宅で使うことが出来るので家で使う電気代を節約することが出来ます。

 

さらに発電し余った余剰の電気は、1kwあたり38円で電力会社に売ることも出来ます。発電した余剰電気は家庭で使うのもいいのですが、電気会社に売ったほうがお得なので昼間の電気をよく使う時間帯は電気を出来るだけ使用しない方がいいので、節電効果も出てきます。

 

次は太陽光というクリーンなエネルギーを活用しているので地球環境負荷の軽減です。
従来の発電方法だと限りある資源を消費して電力を作り、二酸化炭素や使用済み核燃料といった地球環境にとって有害な物質を排出していました。
太陽光発電は、太陽光エネルギーを電力に変える為に、エネルギー源として資源を消費せずに、副産物を排出しないのも魅力です。

 

後は電力会社に何か事故があっても、自立運転に切り替えれば緊急時に必要な電気を確保する事が出来るのは最大の魅力です。

太陽光発電のメリットは売電できること,

 

私は数年前に太陽光発電を導入しました。順調に発電しており、特に発電能力が落ちたなどのトラブルもありません。
多いときには15000円ほどの売電料金が通帳に振り込まれています。
それほどの金額が振り込まれるのは5月から6月、9月から10月が多いです。

 

真夏は太陽がさんさんと降り注ぎますが、あまりに暑くてもだめなようで発電効率が落ちるようです。
逆に冬は期待ができません。ですから7000円ほどの売電価格となります。それでも年間の売電価格のトータルと、利用料金とを相殺するとほとんど電気代は0円になっています。
これはやはりとても大きいことです。私は売電できることが太陽光発電のもっともすぐれたメリットだと感じています。
ただし実質、電気代が0円になるのは、太陽光発電を導入したときのローンが完済した、もしくは現金で一括で購入してローンがない状態のときです。

 

私は毎月15000円ほどのローンを組んでいますので、電気料金と売電価格が相殺されても、このローンがのしかかってきます。これを早く完済してしまえば、本当に電気代0円というのが実現できます。

 

補助金や頭金を使ってなるべくローンの負担を軽くし、早く返済をしてしまえば、すぐに太陽光発電の導入メリットは出てくると思います。

太陽光パネル導入で、節電生活に!

 

ぼんやりと、いつかソーラーパネルを設置出来たら良いのにな〜、と思っていた所、ある機会で導入する事になりました。
導入前、最近太陽光システム導入した友人に色々聞いた所、まあ、大体が想像の範疇でしたが、一点意外だったのは節電を心がける生活になるとの事。
節電のために導入するんだから、それで一安心じゃないの?と少し怪訝な気持ちで話を聞いていたものでした。
が、いざ自分の家にソーラーシステムがやってきたら…。

 

パネルを見ると今、何にどれくらい電気が使われていて、発電をどのくらいか、電気を売っているのか?買っているのかがありありと分かるのです。
掃除機、ドライヤー、電子レンジ、オーブントースターは皆ほぼ同じくらいの使用量。
重なるとガンガン跳ね上がる…。

 

それから私にも、より節電に心がける生活がやって来ました。
給湯器の設定温度をギリギリまで下げる、掃除機よりワイパー、モップ、ほうき、雑巾がけを心がけ、奇しくも冷蔵庫が壊れて最新式の冷蔵庫に替えたら、最低使用電力が半分近く減って…。
エアコン無しの良い気候には、電気代が、売電差し引いたら3000円代に…!6人家族でです!
確かに節電の心が何かにつけ芽生えるものだなあ〜、と友人の言った事がしみじみと思い起こされる今日この頃です。

太陽光発電のデメリット3つ

太陽光発電のデメリットについて

 

みなさんは現在太陽光発電に関心はありますでしょうか。私はつい最近まで太陽光発電すごく関心がありました。

 

ですが、最近太陽光パネルを実際に設置したいと思って業者に相談した時の事ですが、その時に私の家がある場所が太陽が当たりにくい所にあると業者に指摘されました。

 

私はそう言われるまで全くそんな事を考えた事もなかったので驚きました。
確かに太陽光発電に全くデメリットがないとは思っていませんでした。例えば気象条件や季節によっては太陽光が全く確保できない事もあるかと思います。

 

ですが、私が聞いた話はそもそも普段から太陽光が確保しにくい場所だったという事なので太陽光発電で電気代をお得にしたいという私の考えが根底から覆された形となります。

 

ですから、みなさんも安易に太陽光発電にすれば電気代が安くなると考えるのは甘いと思います。
やはり、本格的に太陽光パネルを設置しようと思った時は事前にいろいろ調べる事をおすすめします。

 

そうしないと、太陽光発電の思わぬデメリットに後になってから気づく事になりかねません。
ですから、私も今となっては太陽光発電デメリットがあると認識するようになりました。

 

なのでみなさんも太陽光発電を検討の際は細心の注意が必要です。

太陽光発電の問題点
太陽光発電を設置したときに感じた問題点について述べます。

 

折からの電力会社による買取制度や国・地方自治体による補助金制度により太陽光発電の設置ブームに乗り、我が家も設置をしました。
我が家の設置業者は県内でも古くから設置を行っている会社であり、建築関係の業者の間でも評判の良い業者であったことから信頼を寄せていました。

 

しかし、結果 は無惨なもので、数ヵ所の瓦が破損させられていましたが、後日、設置作業部長が完了確認に来るまで、実際に作業をした若い作業員は、このことを隠しており、その後、適切に対処してもらったが、当初の作業内容は実にいい加減なものでした。

 

歴史があり、業界の評判も良い会社でもこのような惨状であったことから、ブームもあり業繁忙期でああったことを加味しても、業界全体のモラルがかなりルーズであり、業界として教育の必要性があるのではないかという問題点を感じました。

 

また、瓦の補修にをしていただいた瓦業者の方からは、設置に伴い使用するコーキング剤も業界では、耐用年数は10年とはいっているが、実際に10年めもつかは分からない、10年経ったときにさてどうするというような問題もあるということを聞き、とかく設置料金や何年の電力買取りで元をとるのかというようなところにばかり目が行きがちだが、もっと考えなければならない問題は多いと思い反省したところである。

太陽光発電はデメリットもあります

 

電気代の値上がりや環境問題が深刻となっている今、太陽光発電はエコでクリーンなエネルギーとして注目されています。しかしメリットだけでなく、デメリットももちろん存在します。

 

まず、初期投資費用が大きいことが上げられます。
パネルの値段はだんだん下がってきてはいるものの、100万円以上の大きな額になるのはほぼ確実です。

 

余った電気を買い取ってもらうシステムもありますが、買い取り価格も毎年変わってきているので、初期費用分を全額回収してなおかつプラスにできるとは限りません。定期的にメンテナンスも必要になりますし、パネルそのものの寿命も10〜20年と言われています。

 

また発電量は天気によって左右されてしまうので、安定した電力を得られる保証もありません。特に梅雨時など悪天候が続く場合には電機が余らずに買い取ってもらえなくて電気代がかさむ可能性が高いです。

 

そして、太陽光発電のパネルは屋根に取り付けることになりますが、その重さは何100キロという重さになります。
もし今住んでいる家の屋根に取り付ける時は屋根がその重みに耐えられるか調べなくてはいけません。

 

取り付けられない場合もありますし、付けても屋根が傷む原因となる可能性もあるので十分に検討する必要があります。

 

太陽光発電を設置する場所についておすすめの場所は?

最近はよく屋上に太陽光発電を設置している建物が多くなっていますが、皆さんは設置するなら自宅のどこに設置しますか?
コンクリート住宅に住んでいるなら屋上以外につけることをお勧めします。

 

屋上というのは太陽がじかに当たる場所で建物としてはかなり過酷な場所になります。
太陽光発電を扱う業者では屋上にじかにアンカーを打ち込む悪質な業者もありそこから雨水が浸入し、雨漏れにつながります。
また雨漏れを修繕しようと業者を呼べばソーラーを一時撤去しないのと作業ができませんので撤去費用再設置費用で4〜50万かかってしまいます。
防水をしていなければ防水をするときにその撤去費用などはかかってしまいます。

 

またソーラーが太陽光を集めてしまいますので屋上の水溜り、おもにソーラーパネルの下は水がたまり通常2〜3日に蒸発する水分が1週間程かかり建物自体を傷めやすくなり余計な修繕費用がかかります。

では、どこに設置するのがいいのでしょうか?

一番はこの問題点を解消できれば問題ないと思います。
土台を高くしてソーラーと屋上の間をあけると問題はありません。また最近見たなかで良いアイデアだと感じたのは自宅のカーポートの上に設置している例です。
屋根部分のトタンも太陽光が当たらないため劣化がなくなり長持ちします。
安い買い物ではないので設置をご検討のかたは慎重な選択をお勧めします。

レディースファッション

メンズファッション

アジアンファッション

キッズファッション

美容グッズ

健康グッズ

健康食品

雑貨

グルメ

旅行

コンタクトの激安通販ショップまとめ

コンタクトレンズの選び方

目の病気

パソコン機器

教育

趣味

求人

ウォーターサーバー

お役立ち

このページの先頭へ
http://www.himawari-popular.com/