MENU

<<小さなお葬式相談はこちら>>

身内の葬式って急なのであたふたしませんか?

先日、私の父がなくなったのですが私自身、喪主をつとめたのがはじめてだったのでかなりあわてました


どこで、決めたらいいのかわからずただ、決めていたのは家族葬にしようということでした。


近所にはもう、父の知り合いもいませんしあまりおおげさにしたくなかったのでどこか家族葬専門でいい葬儀屋さんがないかな〜と探していたら小さなお葬式と出会いました。


ここはまさに私の理想の葬儀屋だったので、助かりました!


もし私のように、身内だけでひっそりと葬式を済ませたいというかたにはおすすめです。

小さなお葬式のここが良い

小さなお葬式の実績は年間約8,000件


日本全国、全ての都道府県で対応可能です。


もしもの時には、24時間365日電話対応で安心!


小さな火葬式

小さな一日葬

小さな家族葬

総額178,000円 ※追加料金なし

故人がご高齢で、葬儀に呼ぶ、親戚、友人が少ないので火葬式を選ばれる方が多くいらっしゃいます。
3つの中で一番多いのがこれです。

総額338,000円 ※追加料金なし

「火葬だけではしのびないが、大げさにしたくないとお考えの方に多いです。

総額498,000円 ※追加料金なし

親戚・ご近所の付き合いもあるので、一般的な葬式を安くに行いたいとお考えの方に多いです。

しかも追加料金はありません!


さらに資料請求をしてから検討された方は−5,000円値引きなので事前に無料資料請求するほうがいいですよ!


<<小さなお葬式無料資料請求はこちら>>



小さなお葬式やってよかった

そうですね自分のところは、小さなお葬式をやってよかったです。
一番のメリットは葬儀代金でしたね。
正直自分はお葬式って100万円くらいかかるのかな、、
なんて思ってたんですがその半額以下に収まりましたしね。
ほんとういまの世の中に感謝してます。
それから、保証制度などもあれば返ってくるお金もありますので、、、
あとは、2番目のメリットはたいそうにならないとろこもいいですね。
なんか身内だけで、やるのも良かったです。
デメリットとしては、家族葬を反対する人もいるみたいですが、
幸い、うちの親戚のなかにはいませんでした。
もはやそれは、古いタイプの人間なのかもしれませんね。
また、お葬式があれば、小さなお葬式にお願いすると思いますよ。

家族葬とは?

いま、時代のながれに伴い家族葬(小規模な葬儀)を選ばれる方がほとんどです。理由としては、核家族化と高齢化があげられます。

  • 核家族化に伴い、近所付き合いが少なくなった事
  • 高齢化に伴い、退職後、幾年も経過してから亡くなられた場合など、生前勤めた会社と疎遠になっている
  • 友人も先に他界している

 

また遺族の想いとして多いのが

  • 気遣いや対応に追われることなく、大切な方のことだけを想い葬儀を行いたい
  • 故人の遺言で葬儀は小さなお葬式にしたい
  • 最低限の葬式は行いたいが大げさにしたくない
  • 安く済ませたい

という方が圧倒的に増えてきています。
年々、昔のかしこまった考えというよりは、時代に合った考え方の小さなお葬式が選ばれる風潮にあります。実際に、本人もそれを望んでいるケースが多いです。

ではどうやって家族葬を行えばいいのか?

いま家族葬会社で信頼があり、リーズナブルなのが【小さなお葬式】です

最近の墓参り事情

最近墓参り代行というのがあるみたいです。
最初はおどろきましたが、利用者も案外おおくて、
最近では、認知ども増えているようです。

 

独り暮らしの高齢な方など、墓参りにいけないですよね、、
遠いし、車も運転できないし、、体力面でも膝や腰が悪かったり、
歩けないのかもしれません。

 

でも、そんなときに新サービスとして墓参り代行ができたみたいです。
これは1回1万円くらいで、お墓のそうじや、花をそえたり、手を合わせてもらったり、
そして、証明の写真までとってきてくれます。

 

確かにお墓参りにいけないなら、こっちのほうが気がスッキリはしますね。
案外いいのかもしれません。

お墓も変わってきてる。

それから、お墓をもたずに、パソコンのネット上でお墓を作っているサービスもあるうです。
コレなら、毎日仏さんのために手を合わせることができるという考えで、
これまた、利用者がふえているみたいです。

 

まあ、ひとそれぞれ事情がありますからね。
いろんなニーズがあるのでしょう。
これから先はどうなっていくのでしょうね。

レディースファッション

メンズファッション

アジアンファッション

キッズファッション

美容グッズ

健康グッズ

健康食品

雑貨

グルメ

旅行

コンタクトの激安通販ショップまとめ

コンタクトレンズの選び方

目の病気

パソコン機器

教育

趣味

求人

ウォーターサーバー

お役立ち

このページの先頭へ
http://www.himawari-popular.com/