目薬のさし方

目薬の正しいさし方をご存知ですか?
MENU

目薬の正しいさし方を知ろう!

皆さんが眼科医にかかると、点眼駅や軟膏などの目薬を処方されることが多いですね。
しかし、意外と知られていないのが、その正しい使用方法です。
目薬は正しく使用しないと本来の治療効果が得られないだけでなく、副作用を引き起こす原因にもなりかねません。正しい点眼方法を説明しましょう


1、手を石鹸と流水で良く洗う。
手や爪には多くの雑菌が繁殖しています。
雑菌が着いたままの手で目や点眼液に触れると雑菌が目に入る恐れがあります。
まずは手洗いを習慣づけ、手を清潔にしましょう。


2、したまぶたを下に軽く引き、点眼する。
通常、点眼ビンから出る1滴は、目の表面に十分に行き渡る量に調整されています。
1滴で十分なところ、なんとなく物足りなく感じ、2滴点眼すると、目薬代は2倍かかるわけで、緑内障の治療薬のように高価で一生継続して使わなくてはならないお薬の場合には、そのコストに大きな差が出ます。


また、点眼する際は、容器の先が目やまぶた、まつ毛などに直接触れないように注意。
容器の先が目やまぶた、まつ毛などに触れると、目の周りについている油や汚れ、最近などが付着したり、容器の中に涙液が逆流し、容器内の点がね器が汚染される恐れがあります。
また他人の点眼液を使用することや、自分の点眼駅を他人に貸したりしないこと。


3、点眼後、まぶたを静かに閉じる。
瞬きをせずに約1〜5分間ほど、目をつぶったままの状態を保つ。
または、点眼後、軽く目頭を抑えるのも効果的。
眼内に入った点眼液は、涙点から鼻涙管へ排出され、瞬きによって、涙液とともに排出されます。
しばらく目を閉じるか、目頭を軽く押さえることで、薬の滞留時間を長く保つことができるとともに、眼内への以降がスムーズに行われるため、治療効果が高まります。


4、あふれた点眼液を生活なティッシュやガーゼなどでふき取る。
あふれた点眼液は、接触性皮膚炎や色素沈着の原因になることがあるため、そのままにせず、水でぬらした清潔なティッシュやガーゼでふき取りましょう。

 

 

目の軟膏の正しい使い方

  • 1、手を石鹸と流水で良く洗う。
  • 2、鏡を見ながら下まぶたを軽く引き、チューブの先がまぶたやまつ毛、目に直セル触れないように注意しながら、チューブから軟膏を押し出して、したまぶたに薬をつける。もしくは、清潔なチューブから押し出した軟膏を少しとって、したまぶたにつけてもよい。
  • 3、しばらく目を閉じて、軟膏が溶けて、目全体に広がるのを待つ。
  • 4、目の外にあふれた軟膏を水でぬらした清潔なティッシュやガーゼなどでふき取る。

コンタクトレンズ装着時の正しい目薬の仕方


日本でコンタクトレンズをつけている人は1500万人とも1700万人とも言われ、たくさんいます。
コンタクトレンズを装用したまま目薬しても良いかどうかは、基本的には主治医の指示に従ってください。
主治医の指示がない場合は、原則的にはハードコンタクトレンズ、ソフトコンタクトレンズのいずれも、レンズは外して目薬します。


点眼後は5分以上経過してから、再装用してください。
しかし、眼疾患がなく、コンタクトレンズを装用できる状態であれば、水溶性の点眼剤は、ハードコンタクトレンズを使用している場合ならそのまま目薬しても構いません
ソフトコンタクトレンズはレンズ内に主薬や防腐剤、添加物などが浸透すると考えられ、通常よりも副作用が強く出る可能性があります。


特に防腐剤に関しては、その毒性のため、角結膜上皮細胞に対する障害が危惧されるため、絶対につけたまま点眼してはいけません。
目の健康のことも考えて、ソフトコンタクトレンズは、面倒ですが、いちいち外してから目薬を使うようにしましょう。

レディースファッション

メンズファッション

アジアンファッション

キッズファッション

美容グッズ

健康グッズ

健康食品

雑貨

グルメ

旅行

コンタクトの激安通販ショップまとめ

コンタクトレンズの選び方

目の病気

パソコン機器

教育

趣味

求人

ウォーターサーバー

お役立ち

このページの先頭へ
http://www.himawari-popular.com/