乾きにくいコンタクトレンズの選び方

乾きにくいコンタクトレンズのポイント!
MENU

乾きにくいコンタクトレンズはこうやって選びましょう!

ハードとソフトを比較した場合、ハードは水分の含有量がゼロのため涙が吸収されるといった心配がないです。
一方でソフトは水分を含有しているため涙が吸収されることが懸念されます。

だからハードのほうが、目の渇きには有利だと得ます。
ハードの中でもコーティングされたレンズは、レンズの表面を水っぽい正確にしてあるので、レンズの表面から涙が逃げていきにくいことも考えられます。

 

 

涙を吸収するソフトレンズですが、、その水分量が多いものほどレンズが乾きやすいといわれます。
それは水分を吸収するスペースが広いから、涙を吸収する量も多いだろうと思われているからです。

 

 

 

だが実際には水分量の多いレンズのほうが目の渇きを感じない人もいます。
つまり、レンズが涙を吸収しやすいからといって乾燥感には直結していないといえます。

 

 

ほとんどのケースにおいて乾燥は水分量で語られますが、水分量とは別の角度から乾きを考えることもできます。
イオン性のレンズは生態適合性がよいと考えられていることです。

その説明は涙の構造に関係します。涙は空気に接触する側から、油のそう、水のそう、たんぱく質のそうとあります。
油は水を蒸発させないためにたんぱく質は目から涙が落ちないように目の上面全体に人がっています。

 

 

 

水は表面張力によって丸くなろうとしますが、そうなると目から涙が落ちてしまいます。
そうならないためにたんぱく質が広がって、水が丸くならないようにしています。

 

 

 

そして、イオン性のレンズはレンズの上面がたんぱく質とくっつくような電気的性質があるので涙がレンズの上に均等に広がりやすくなります。
だから生態適合性がよいという理由です。、これは裏を返せば日イオン性のレンズは電気的性質がないのでプラスのたんぱく質が広がらないため、涙も均等には広がらないということです。

 

 

 

だからレンズ上面の水分が蒸発しやすいのではないか?ということも考えられます。
最もこの話も実際の乾燥感と関係があるかはわかりません。

 

 

ソフトレンズは多かれ少なかれ涙を吸収することを覚えておきましょう。最後に潤いを謳っている製品もあります。
レンズ自体に乾きにくくなるように工夫したレンズもありますが、レンズの使っている駅に潤いの粒子が入っているだけのものもあるので、潤いの粒子の入ったものをまずは選んでみましょう。

レディースファッション

メンズファッション

アジアンファッション

キッズファッション

美容グッズ

健康グッズ

健康食品

雑貨

グルメ

旅行

コンタクトの激安通販ショップまとめ

コンタクトレンズの選び方

目の病気

パソコン機器

教育

趣味

求人

ウォーターサーバー

お役立ち

このページの先頭へ
http://www.himawari-popular.com/