メガネが原因で疲れ目になる理由

メガネが合わない原因
MENU

あなたのメガネは度数があっていないのかも?

めがねを使っている人で、ひどい目の疲れを感じるようであれば、そのメガネは正しく矯正されていない可能性があります。

メガネは、近視、遠視、乱視といった屈折以上は、老眼といった調節以上を矯正します。
本来、正しいメガネの矯正であれば楽に焦点を合わすことができるようになり、目は疲れにくくなるはずです。

 

 

しかし、メガネの度数が合っていなければ、目は毛様体(筋肉)を使い、無理をして焦点を合わせようとするため、疲れてしまいます。
めがねが合うとは、どういうことを言うのかは後で説明します。また、メガネによる目の疲れ目の原因は、レンズの度数の問題だけではありません。レンズには中心があります。
一方、目には角膜頂点間距離(左右の角膜の頂点間の距離)があります。メガネを作る際には、左右のめがねレンズの中心間の距離と、角膜頂点間距離が一致していなければなりません。
ところが、それを考慮していなかったり、計り間違えたり、レンズをフレームにつける辞典で間違えてしまうことが利ます。すると、度数はあっていても商店が合わずに、疲れ目を引き起こします。

 

 

 

不同視の人は、左右のレンズの度数の差を少なくすると疲れにくくなる

不同視とは

左右の視力に差がある人は、度数通りにめがねを作っても、目が疲れやすいので注意が必要です。
不同視の人に左右目ともに本来の度数通りにめがねを作ってしまうと、目が疲れやすくなったり、時には毛kることすらできなくなるのはなぜでしょう。
その理由は、左右の目で見たものの大きさが違ってくるからです。
では、なぜ左右のどの性大きなメガネをかけると、左右でものの大きさが違って見えるのでしょうか?答えは、目とメガネのレンズの間は、通常12mm離れているからです。

 

 

左右の目でものの大きさが違って見えると、左右それぞれの情報を脳で美味く統合できずに、目が疲れる、気持ちが悪くなるといった、不快な症状を引き起こしてしまうのです。
これを回避するには、不同視に対するメガネを作る際、強い度数の芽のほうを、あえて軽い度数に詩、左右のレンズの度数の差を少なくすることが必要です。
ただし、めがね店では、見えるめがねを作らないとお客さんの不満につながるため、視力は出るけれどもかけにくいメガネを作ってしまうことがるので、注意が必要です。
また、めがね店の立場では視力が出にくくてもあえて度を下げてメガネを作るという必要性を医学的に説明することは、医療行為の領域に立ち入ってしまうため、お客さんに話がしにくいという事情もあるのでしょう。

 

 

ところで、不同視でメガネをかけると疲れる意図は、コンタクトレンズに変更したりレーシック手術で矯正することにより解決する場合があります。
その理由は前述のようにメガネのレンズは、角膜から通常12mmの距離に存在していることにあります。

 

 

一方、コンタクトレンズは、角膜に乗せるので、目から離れて存在するメガネのレンズとは異なり、左右のどに性あっても左右の像は同じ大きさで網膜に焦点を結ぶからです。

 

レーシック術後はコンタクトレンズすら装用する必要はなくなります。
いずれにしても、不同視の人は、眼科で検査を受け、医師と十分に相談した上で、めがねにするかコンタクトレンズにするか、レーシックを受けるのかメガネにするのであれば左右のどをどのようにするのかといった、アドバイスを受けることが大切です。

レディースファッション

メンズファッション

アジアンファッション

キッズファッション

美容グッズ

健康グッズ

健康食品

雑貨

グルメ

旅行

コンタクトの激安通販ショップまとめ

コンタクトレンズの選び方

目の病気

パソコン機器

教育

趣味

求人

ウォーターサーバー

お役立ち

このページの先頭へ
http://www.himawari-popular.com/