白内障について詳細

目の病気・白内障
MENU

白内障とは

白内障は、眼内でレンズの役割を果たしている水晶体が、さまざまな理由で徐々に変性し、濁りが出てきたものです。
水晶体がにごると、眼内に入ってくる光の透過性が落ち、濁りに光が乱反射して、視力の低下やまぶしさを訴えるようになります。



わかりやすく言えば、曇りガラスから景色を見ると、視界がかすんでしまい、薄ボンヤリとしか見えないのと同じような状態です。
一度にごってしまった水晶体は、元に戻ることはありません。しかし、白内障だからといって、必ずしもすぐに手術の必要があるわけではありません。
白内障の進行には個人差があります。日常生活に不自由を感じるようになったときに、手術を考えると良いでしょう。

それまでの間は、進行を遅らせるために目薬を使う治療法があります。
なお、白内障が始まる時期と、老眼を意識する時期は、年齢的にほぼ一致しています。

老眼とは

老眼とは、加齢とともに水晶体の弾力がなくなり、自由にに焦点を合わせることができなくなった状態です。
一方、白内障の原因である、水晶体のにごりは、怪我や薬、糖尿病によって起こるケースもありますが、多くは老化現象として起こるものです。
このように、老眼も白内障も加齢による水晶体の変性が要因であり、そういった意味では、非常に密接な関係があるといえます。老眼が始まる40代から、同時に白内障も始まっている可能性があるのです。

白内障セルフチェックテスト

  • メガネをかけても視力が思うように出ない
  • 視界が白くかすんだように感じる
  • 夜、車のヘッドライトなどが以上にまぶしく感じる
  • まぶしさのため、明るいところで見えにくい(むしろ、暗いところのほうが見やすい)
  • 物が、二重三重に見える

これらの白内障セルフチェックに複数あてはまるかたはすぐに眼科を受診しましょう。


暗いところのほうが見やすいは、白内障のサイン


白内障の代表的な症状としては、水晶体がにごることによる、視力の定価が上げられます。


また、水晶体のにごりに加え、水晶体そのものの形や暑さも変わるため、通常、近視が進んだ状態になります。その結果、今までかけていたメガネやコンタクトレンズなどが合わないといった自覚症状が現れます。
その後、白内障が進むと、かすんで霧が買っているように見えるようになります。

にごった水晶体に光が乱反射することによって、明るいところではまぶしく感じられ、むしろ暗いところのほうが見やすいといった症状も現れます。この現象は、暗いところでは瞳孔が開いて、まだにごっていない水晶体の部分から目の中に光が入るためです。これらの症状が出たら、早めに眼科を受診しましょう。


ただし、視力が低下したり、まぶしく感じたりするといった症状は、白内障に限ったことではありません。人間の目をカメラにたとえると、白内障は、レンズの役割をしている水晶体がにごった上体です。しかし、レンズがにごるだけでなく、フィルムが傷んでいても、キレイな写真は取れません。同じように、眼底、具体的に言えば、網膜や視神経に異常があると、白内障を手術で治療しても視力は上がりません。


白内障になりながらも睡蓮を描きつづけたモネ


ここからは閑話休題となります。
フランスの画家、クロード・モネは、光と色彩の変化を生涯にわたって追求し、その作風は、印象派と評されました。
光の画家と呼ばれたモネの代表的な作品が、1980年代から書き始めた睡蓮の連作です。


モネは自宅の庭にある睡蓮の池をモチーフに、生涯にわたって200点以上の睡蓮を製作しています。
数々の睡蓮の作品をかかれた年代順に見ていくと、晩年になるにつれて、睡蓮や水草などが抽象的になっています。
この作風の変化は、モネが白内障を患っていたためです。
おそらく、モネの目には、睡蓮の池に霧がかかったように映っていたのでしょう。



また、色彩にも変化が見られ、モネは白内障によって、視界がぼやけるだけでなく、色を見る能力にも影響が出ていたことが推測できます。
画家にとって白内障は致命的ですが、モネは手術を拒み続けました。
しかし、1923年ついに、手術を受けました。それは現在、パリのオランジュリー美術館に展示されている睡蓮の大壁画を完成させるためでした。
手術後のモネは、死の直前まで、この作品に筆を入れ続けたといわれています。

レディースファッション

メンズファッション

アジアンファッション

キッズファッション

美容グッズ

健康グッズ

健康食品

雑貨

グルメ

旅行

コンタクトの激安通販ショップまとめ

コンタクトレンズの選び方

目の病気

パソコン機器

教育

趣味

求人

ウォーターサーバー

このページの先頭へ
http://www.himawari-popular.com/